Menu

【特集】ママ薬剤師のための調剤薬局特集~

u0-cus-d4-963f81109ebc40ffa3308efcdd9b4c6a^pimgpsh_fullsize_distr

最も多くの薬剤師が働いてる調剤薬局(総合門前・門前)のお仕事内容・役割や、求人の傾向・求めらえてるいる人材の条件などを調査してまとめました。

調剤薬局での薬剤師の仕事内容・役割

調剤薬局での仕事内容・役割については、医師の処方に基づいて調剤することがメインの仕事となります。
処方箋に従い医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)し、用意できたお薬を、患者さんに分かりやすく説明します。

また、処方箋の監査や服薬指導なども最近では、非常に重要な仕事となってきています。
処方箋の監査とは、持ち込まれた処方箋に不備などがないか、処方箋の薬の内容だけではなく、
患者さんの保険番号や有効期限を確認することです。

お薬手帳が浸透し始めている現在では、お薬手帳の内容を確認し、相互作用がある薬がないかどうか、
重複投薬などの確認などを行い、疑問がある場合には、処方した医師に対して疑義紹介を行うこともあります。

調剤薬局によっては、ジェネリック薬の服用の意思確認や、変更提案をすることなどもあります。
管理薬剤師となると、在庫確認・入荷、レセプトの集計などの管理業務も加わってきます。

その他に、店舗掃除、製薬メーカーの営業担当者との折衝など直接的に処方業務とは関係ない一般業務があるのが通常です。

【主な仕事内容】

・投薬
・処方箋の監査
・服薬指導
・健康に関するアドバイス
・処方箋に疑問がある場合は、処方した医師へ疑義紹介

ママ薬剤師が、調剤薬局で働くメリット

ママ薬剤師が、調剤薬局で働くメリットについては、
基本的には、病院・企業に比べて、柔軟勤務体系(特に、勤務時間など)があります。

職場が多く・柔軟な勤務形態

病院などに比べて圧倒的に職場が多いため、最寄の店舗や駅近の店舗など通勤が多いのが特徴。
また、引っ越しした転居先でもすぐに仕事が見つけやすいのも大きなメリットです。

現在では、勤務体系も正社員だけではなく、短時間の契約社員・パートなどもありますし、
シスト制が浸透してるのもうれしいところです。

スキルアップできる

総合門前や複数科目の取り扱いある調剤薬局であれば、
処方箋の種類や内容も豊富なため、さまざまな科目の調剤業務に対応できるため、
スキルアップにもつながります。

キャリアプランが豊富

調剤薬局の場合、比較大規模な薬局が多いことから、スキルアップ以外にはも、
管理薬剤師、エリアマネージャ、管理部などのキャリアプランが豊富な点にあります。

最近では、産後は女性も長期で働くことが増えてきていることから、キャリアプランが豊富な点は、1つのメリットといえるかもしれません。

大手調剤薬局と中小調剤薬局の違いは?

現在、国内には上場しているような全国展開している大手調剤薬局と、
全国展開又は複数の地域限定の調剤薬局、30~50社の中堅調剤薬局、
個人経営の調剤薬局が存在しています。

基本的に、大手調剤薬局については、
大企業型は、薬剤師の教育が非常に優秀です。

積極的な出店を続けることに加えて、
既存店の安定的なサービス提供のために、人材の獲得・育成が急務なためです。

一方、中小薬局は、地域限定のため、転居を伴う大きな異動がないことがあげられます。

調剤薬局の薬剤師求人はどんな人を求めてる・・・?

大きな調剤薬局だと、処方箋の出る枚数も多いため、
仕事の正確性が求めらるのは当然です。

また、企業内勤務と比較して、患者さんと接する機会が多いため、
コミニケーション能力に加えて、
明るく対応できる姿勢は評価されやすいといえます。

在宅医療のニーズが高まり推進が進む中で、
今まで以上に患者さんと積極的にコミニケーションをとり、
関われる薬剤師が求められている傾向にあります。

調剤薬局の採用スタンスにもよりますが、
20~60代と幅広い年齢層を採用している調剤薬局がほとんどです。

特に、人材が不足がちの傾向が強いことから、
調剤未経験・調剤薬局未経験者でも積極採用が続いていますし、
研修なども充実している傾向があります。

積極採用企業特集一覧

現在準備中です。

◆調剤薬局の求人が豊富得意な会社

・薬キャリ
・薬剤師プロ
・すけっと薬剤師

◆よくある質問

・調剤未経験でも大丈夫ですか?
・転勤はありますか?
・残業はありませんか?
・お休みはどのくらいありますか?
・急なお休みでも対応できますか?

◆調剤薬局 薬剤師 年収
調剤薬局 薬剤師 給料
◆薬剤師 調剤薬局事務
薬剤師にとって、調剤薬局でのやりがい・働きがいは?


プレゼント情報

このページのトップへ戻る