Menu

【特集】薬剤師の扶養内求人・勤務とは?103万・130万の壁?

ママ薬剤師が薬剤師として復帰しようとしたときにふと気になるのが、
「扶養内で働いた方いいのかどうか?」あるいは、「年間103万円や130万円の収入?」

よくこの数字を超えたら、
「税金が増えちゃう!?」や
「旦那さんの社会保険・扶養から外れちゃう」
などといわれています。

そんな103万・130万という収入と、
ママ薬剤師にとって、扶養内求人・勤務をどう考えるといいかを特集しました。

そもそも扶養内勤務とは?

「扶養内勤務」とは一般的には、
旦那さんの扶養の範囲内で働くことをいいます。

扶養内で働くことで専業主婦と同様に、
余計な税金がかからなかったり、旦那さんの年金・社会保険に加入できるため、
余計な出費を抑えながら、一定の収入を得ることができます。

扶養の範囲で勤務していると言えるためには、
年間の収入金額の基準を満たす必要があり、
ちょっとでも超えてしまうと、税金が発生してしまったり、
個人で社会保険に加入しなくてはないけないなどのデメリットが発生してしまいます。

>>>薬剤師で扶養内勤務するならこちら

ママ薬剤師が扶養範囲内で働く条件

では、ママ薬剤師が扶養の範囲内で働くためには、
年間の収入金額をどのくらいに抑えればいいのでしょうか?

「税金(所得税)」と「年金・健康保険」という2つの点で、
大きく異なるため注意が必要です。

○103万円は税金(所得税)に関する数字

年間の収入103万円(月額換算85,833円)は、所得税が発生するかしないか基準となる金額。
年額計算でOKで、103万円以下であれば、所得税は発生しません。

また、旦那さんは、「配偶者控除」という控除(減税措置)が受けられため、
世帯全体で考えると税金が安くなります。

103万円を超えるとママ薬剤師さんの所得に税金が発生します。
それだけではなく、旦那さんも、「配偶者控除」という控除(減税措置)が受けられたものが受けられなくなるので、
旦那さんの所得税自体も増えてしまいます。

但し、ママ薬剤師の年収が、
103万~141万円未満だと「配偶者特別控除」というのを旦那さんが受けることができます。
「配偶者特別控除」は、「配偶者控除」ほどの控除(減税措置)はありませんが、
収入が増えるにつれて控除額が段階的に減っていき、141万円で控除額は0円となります。

また、この場合の収入とは手取り額ではなく給与総支給額の合計で、
よくいわれるところの額面の数字となります。

130万円は、社会保険(年金・健康保険)に関する数字

年間収入130万(月額換算108,334円)は、社会保険(年金・健康保険)にママ薬剤師が自分で加入するか
旦那さんの社会保険に加入するかどうかという基準になる金額です。

年間130万を超えると、ママ薬剤師は自分名義で社会保険に加入する必要がでてきます。

月額換算だと108,334円です。
年額ばかり気がいくことが多いですが、
こちらの数字については、108,334円が月額上限であり、
この金額を3カ月以上継続して支給されていると扶養の対象ではなくなります。

専業主婦と変わらない経済状態でママ薬剤師として復帰するとなると、
基本は、年額103万円(月額85,833円)以下でのお仕事を探すことが重要になります。

>>>薬剤師で扶養内勤務するならこちら

ママ薬剤師さんの働き方プランをシミュレーション

では、結局どのくらいの年収になるように働くのがいいかシミュレーションをしてみましょう。
働き方は、パート・アルバイト・派遣など時給換算できる働き方で想定してみました。

前提:パート・アルバイト
時給:1,600~2,200円

①103万円(月額換算85,833円)以下で働く

薬剤師求人の時給は比較的高いため、103万円以下に抑えようとすると、
時給2,000円としても40時間ちょっとです。

パート・アルバイトの場合は、
平均時給が1,600~2,200円ほどなので、
時間にするともう少しだけ増えるかもしれません。

1週間にすると10時間程度の働き方なので、
午前中のみ2~3時間程度働く週2~3日8時間働くということや、
調剤薬局であれば、処方箋が増える11~13時ぐらいの繁忙時間で3時間ほど
週3~4日働くなどが考えられます。

一週間にすると10時間ぐらいとなるので、
このぐらいの勤務であれば、産後のブランクあけの復帰や、
子供の保育園の送り迎え、家事との両立など、進めやすいですね。

②130万円(月額換算108,334円)以下で働く

年間収入が、130万以下となると、多少税金は増えますが、
社会保険は旦那さんのに加入したままという働き方ができます。

月額換算108,334円程度となるため、時給2,000円で計算すると、
月間54時間程度となります。

1週間にすると、こちらも13時間程度となるため、
1日4時間を3日、6時間を2日などと選択できます。

①の103万の場合とそれほど変わりませんが、
勤務日数が増やせる点などは、雇用先からすると喜ばれる点になるので、
就職先はぐっと広がります。

③130万を超えたら、150万以上働いた方が有利!?

最後に、130万を超えた場合ですが、
この場合は、自分で所得税も払うし、社会保険(年金・保険)も加入するという形になります。

ただ、タイプで注意しなければいけない点は、
年間収入が150万を超えないと、自分で負担しなければいけない所得税・社会保険料が増えて、
手取りなどは大きく減ってしまうことです。

ですので、130万を超えてしまうようであれば、
150万以上にしないとトータル金額では損をすることになってしまうので、
注意が必要です。

>>>薬剤師で扶養内勤務するならこちら

扶養内勤務の薬剤師求人を見つける方法は?

最後に、扶養内勤務で働ける薬剤師求人を見つける方法について、
まとめておきたいと思います。

結論からいうと、扶養内勤務がOKの求人は、実はそれほど多くありません。
理由は2つあるのですが、1つは、多くの求人サイトを見ていても、
実は、「扶養内勤務については要相談」を表示されていることが多いのです。

扶養内勤務OKとして提示している求人もありますが、
それほど多くなく、要相談のケースがとても多いです。
この場合は、応募してから募集先の企業とと勤務条件の交渉をすることになります。

2つ目の理由としては、薬剤師求人の特徴でもありますが、
扶養内勤務OKの求人は、求人サイトでも、非公開にされていることにあります。

扶養内勤務OKの求人については、特にママ薬剤師さんの中でも人気が高く、
すでに登録をしているママ薬剤師さんに、求人サイトの専門エージェントが
優先紹介してしまうため、公開される前にうまってしまうことが多いのです。

ですので、この場合は、求人サイトに登録をし、
非公開求人を専門エージェントに紹介してもらう必要があります。

ただ、非公開求人についても、扶養内勤務の場合は、
条件交渉が増える傾向がありますので、
こういった条件交渉は、専門のエージェントに任せた方がいいです。

また、フルタイムのパートさんを探してる調剤薬局や病院でも、募集をしている間に、
「短時間でもいいから、薬剤師資格保有者がどうしても欲しい」という要望が
「処方箋がでる11時~13時までに短時間でいいので、人材が欲しい」ということも多々あります。

こういった情報も、専門のエージェントが持っていたり、
交渉してもらうことで、見つけることが可能になります。

扶養内勤務などの細かい条件交渉は、
自分だと就職希望先に、直接伝えづらいなどあると思いますので、
ぜひぜひ、無料で利用できるサービスを活用し、
希望の条件の会社に就職できるといいですね。

>>>薬剤師で扶養内勤務するならこちら


プレゼント情報

このページのトップへ戻る