Menu

授乳でおっぱいが張る?原因別の対処法とは

★授乳の悩み、おっぱいが張る

良く出る人も、あまり出ない人も、母乳に対する悩みは尽きませんよね。
今回はよくある授乳の悩み、おっぱいの張りについてまとめました。

おっぱいが張る原因別の対処法を載せていますのでぜひご覧ください。

■おっぱいが張る原因

おっぱいの張りは、基本的に母乳が作られすぎている、溜まりすぎている状態です。
作られる量がそれほど多くなくても、出口が詰まっていることで張ることもあります。
母乳が溜まったり詰まったりしまうのにはいくつか原因があります。

●必要以上に母乳がたくさん作られている
●飲ませる角度や抱き方が定まっていないため母乳が出せていない
●赤ちゃんが上手に飲めていないため母乳が出ない
●母乳の濃度が高くて流れが悪く、詰まってしまう

それぞれの原因に応じた対処法を見てみましょう。

<必要以上に母乳がたくさん作られている>
体質(高プロラクチン血症等)や食事内容、水分補給の量によっては、赤ちゃんが必要とする以上に母乳が作られてしまうことがあります。
母乳を減らす方法はいくつか知られていますが、授乳を続けたい方はやりすぎてストップさせないように加減が必要です。

●薬の処方…母乳を止めたいときに使うお薬があります。病院で相談しましょう。
●冷やす…冷やすことで母乳の生成が緩やかになります。直接冷やすと効果が強すぎることがあるので、まずはタオル越しに脇を冷やすところから始めてみましょう。
●搾らない…搾乳も母乳量を増やすことにつながります。授乳後も圧を抜く程度に控えましょう。
●水分補給は最低限に…水分=母乳です。飲みすぎないように注意しましょう。飲み水だけでなく、汁物や果物も水分です。

<飲ませる角度や抱き方によって出ていない>
いつも同じ抱き方をしていると、同じ乳腺のみが活発に働き、吸ってもらえない乳腺が詰まる原因になります。
授乳する毎に抱き方や乳房にあてがう角度を変えると予防、改善できます。

いくつかの抱き方を紹介している動画です。
赤ちゃんが苦しくない範囲でチャレンジしてみてください。

抱き方を変えると嫌がって飲まないことがあります。
管のつまりや古い母乳が原因かもしれませんので、一度少し搾り出してから飲ませてみてくださいね。

<赤ちゃんが上手に飲めていないため母乳が出ない>
生まれたての赤ちゃんは上手に飲めなくて当然です。
飲ませ続けているうちに徐々に上手になるので、見守ってみてください。

しばらくたっても調子が悪いな…と思うときは、もしかしたらママの乳首や赤ちゃんのお口に物理的な問題があるのかもしれません。

コチラの記事をぜひご覧ください。
⇒赤ちゃんが吸ってくれない授乳の悩みの記事

<母乳の濃度が高くて流れが悪く、詰まってしまう>
母乳の濃度は母乳の質とも言われ、米のとぎ汁の様な状態がベストとされています。
白いタオルに絞り出してみて、濃いオレンジや黄緑色のときは、乳腺炎の可能性も高まっているので、早急に対処が必要です。

母乳の濃度が濃いとそれだけ流れが悪く、詰まりや張りを引き起こしやすくなります。
また、赤ちゃんによっては濃い母乳を嫌うこともあり、飲んでもらえないことでさらに詰まりやすくなってしまう原因になります。

母乳が濃くなる原因は主に食生活です。

一般的に乳腺が詰まりやすいといわれている食べ物は、胸が張りやすい人は避けた方がベターです。

よく言われるのは、油の多いもの、砂糖が多いもの、イクラやタラコなどの魚卵、パンやバター、もち米、お餅などです。
母乳のためには薄口の和食が良いといわれています。

おっぱいが張り安い方が、特に気を付けたいのは脂肪分の摂取です。
具体的には、クリームやバター、高脂肪の肉や魚等がそれにあたります。
意外と盲点なのが魚で、一見体によさそうなマグロや鯖は油が多いので注意が必要です。

■最後に

おっぱいが詰まると辛いですよね。
いくら痛くても、赤ちゃんの食欲は待ってくれません。

とりあえず冷やし、食生活を改善して様子を見てみましょう。
どうしても乳腺炎を繰り返して辛い方の中には、断乳とミルク育児という選択をされる方もいます。

熱や痛みで育児に支障が出るのであれば、大切な選択肢の一つです。
悩みすぎずに周囲や医療機関に相談してみてください。


プレゼント情報

このページのトップへ戻る