Menu

【特集】4月以降でも中途薬剤師求人は募集ってあるの?

薬剤師の求人は、通常年明けから増えて4月を超えると少し落ち着いてきます。
しかし、今年は、少し様子が違うようです。

これから職場を探そうとしているママ薬剤師さんが、
4月以降もお仕事を探しやすい情報を取材してみました。

新卒の薬剤師の確保はどうか!?

実は、4月以降も、薬剤師求人が引き続きあるかどうかは、
各薬局や病院が、新卒薬剤師さんの確保を、
できているかどうかにかかわっています。

毎年4月は、薬剤師資格を持った薬学部の学生が、
新卒として供給される時期です。

通常、各薬局や病院は、4月入社の薬剤師さんの採用を事前に進めることで、
4月以降には安定した薬剤師数がおり、研修などを進める関係もあり、
薬剤師さんの求人数が落ちる傾向にあります。

しかし、昨年度の国家試験については、
合格者数・合格率ともに大きく低下しましたし、
今年度は、さらに低下するといわれています。

一方で、薬局数については増加傾向にあり、
一定の比率で薬剤師への需要が伸び続けています。

その結果、どこの薬局さんでも、前述のように、
新卒薬剤師の供給が少なくなっていることから、
基本新卒薬剤師さんの確保が難しくなっているのが現状です。

薬剤師の中途薬剤師求人の募集が多いところはここ!

一段と進む「中途採用の強化」と「派遣・パート」募集の増加

新卒薬剤師さんの確保が難しくなった事に対して、
各薬局や病院が取っている方法として、「中途採用の強化」があります。

実際に、すでに働いてる薬剤師さんにとっては、
年収アップが望めたり、好条件の内容で契約できるなど、
転職が非常にしやすい環境があります。

そして、中途採用の中には、当然、薬剤師として過去に実務経験がある、
ママ薬剤師さんたちも含まれています。

多少ブランクがあったり、調剤の経験がないママ薬剤師であっても、
そういった方たち向けに、しっかり研修を組んでいる薬局もありますし、
子育てに伴う希望の条件についても、柔軟に対応してくれる傾向があります。

また、完全にフルタイムで復帰が難しいというママたちのニーズを満たすために、
好条件の派遣やパートでの働きかという形で、
雇用形態を柔軟にしてきている傾向もあります。

特に、最近注目されいているのは、「派遣薬剤師」という働き方です。

「派遣薬剤師」という働き方は、

「フルタイムだと、産後の復帰で長時間働けるか心配・・・」
「送り迎えがあるので、短めで働きたい」
「家庭と仕事を両立させたいから、仕事は残業なしで!」

というママのニーズと非常にマッチしています。

また、「派遣」というとネガティブな印象もありますが、
薬剤師さんをなんとしても確保したい薬局・病院などの希望もあり、
他の職種に比べて非常に条件がいいのが、
「派遣薬剤師」という働き方の実情です。

派遣であれば、パートより時給が高く、
一般的に2500円~3000円ぐらいの時給が平均です。

また、週2~3日、数時間のみの勤務もあるという好条件の求人が増えています。
派遣ですので、事前の契約さえしっかりまとまっていれば、
残業も付きづらい傾向があり、子育てママにとっては働きやすい環境といえます。

以上のように、基本的に、薬剤師さんの供給が足りてないことから、
通常落ち込む4月以降の求人数も、落ち込まない傾向にあると、
薬剤師専門の転職会社・派遣会社はみているようです。

妊娠・出産を機に、薬剤師として職を離れていたママさんにとって、
現在の薬剤師の求人環境は非常に良好ですので、
この機会をぜひ生かしてください。

どこで派遣薬剤師の求人を探せばいいの?

薬剤師の紹介予定派遣としておすすめの会社は、
以下の会社がとくにおすすめです。

薬キャリ

yakukyari
「薬キャリ」は、求人数が多いため、条件にマッチする派遣求人が多いという点もありますが、その中でも高額時給の派遣案件が多いという特徴があります。

また、時給以外に、交通費を負担してくれる案件・自宅など準備してくれるという経済的にメリットが多い案件が多いのも特徴ですので、派遣としてのデメリットが少なくなっています。

あなたの希望に沿った求人を見つけるためにも、派遣を検討しているママは一度「薬キャリ」に登録をしてみてはいかがでしょうか。

>>>薬キャリの公式サイトはこちら


プレゼント情報

このページのトップへ戻る